希少金属の摂取も忘れずに

イライラ解消 サプリ

希少金属の摂取も忘れずに

時々思うのですが、女って面倒臭いところがあるということ。
28日から35日くらいの周期で生理がきます。
会社に勤めていた頃は日常生活の中のちょっとした事でイライラしたり攻撃的になったりすると、男性社員の中では「あいつイラついているけど今日生理かな?」と言われたこともあります。
その他にも子育て、妊娠判明、更年期障害、出産直後などもあり、そのためいろいろなことでストレスを感じたりもします。
このストレスが大きくなると「イライラ」の原因にもなります。
また、栄養不足も大きな要因です。

イライラが増えるとカルシウムや鉄分、亜鉛など大量消費してしまいます。
例えば、妊娠時ですとカルシウムと鉄分は胎児の骨格を形成するのに大切な成分です。
このカルシウムや鉄分、また亜鉛といった希少金属については、知識が不足している人とも多いと思います。
それでストレス解消法ですが、ためないことが一番ですが十分に休みをとったり気分転換などで抑えることもありますが、必要な栄養補給も大切です。

カルシウムも栄養補給として効果があります。
カルシウムは99%が骨や歯に使われます。
残りのわずか1%が血液のなかや細胞のなか存在して、生理作用として働いています。
ただ、カルシウムをとる場合は、同時にマグネシウムもとるのがいいのです。
マグネシウムはカルシウムの手助けをしてくるのですが、カルシウムを最大限に有効活用するためにもマグネシウムとのバランスが大拙になってくるのです。

サイトの基本情報